HOME>記事一覧>単に事業拡大だけでない使い方も存在します

目次

何故行うべきなのかを知ろう

日本のありとあらゆる業界で今、企業買収を積極的に行う流れとなっています。企業買収を行う事によって自社の業務や勢力を拡大したいという要因はもちろんの事、企業買収を専門業務としている事務所等の増加もそうした流れの後押しとなっています。そしてそれ以外にも、買収先の企業のノウハウや技術を手に入れたいという理由で、買収を行うというケースも多く見られるようです。独自の技術等の目に見えない財産を、社員教育等の時間と手間をかけずに手に入れられるという点を重視して、企業買収を行う所も年々増加傾向にあります。そこでしか作れないもの、出来ない製品加工技術等を持っているという事は、対外的なアピールという点でも非常に重要だからです。

使い方は企業によりそれぞれ

また、企業買収を新たな人脈作りに利用するという企業も多いようです。現在日本では、後継者が見つからず、事業継承をしてもらいたいと、企業を売りに出す例も多い傾向にあります。そうした企業の中から必要な企業を買収し、売りに出した企業の元の経営者との良好な関係を築く事により、その経営者の人脈を紹介してもらうといった使い方もあるようです。さらに、自社が進出を考えている地域の同業の企業を買収する事により、地域のよりリアルな情報を入手したいという目的もあります。特に、海外進出を考えている企業が良く利用する手法で、人づてやネット等では得られない貴重な情報源として企業買収を行い、現地進出に成功したという企業も多々あるようです。

広告募集中